スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SONY KDL-40EX750

ソニーは、40V型液晶テレビ“BRAVIA”「KDL-40EX750」を2012年7月27日より発売。オープン価格で、当初10万円前後での実売が予想。

4倍速駆動パネルを搭載しつつ価格も抑えたモデル。

SONY BRAVIA -ブラビア-Part142-
AV機器[作]2012-06-23 16:14
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/av/1340435692/

354: 名無しさん┃】【┃Dolby 2012/07/05(木) 11:13:35.51 ID:w8a763sR0

ソニー、“手軽に4倍速”40型BRAVIAのスタンダード機
-実売10万円の「KDL-40EX750」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120705_544215.html


355: 名無しさん┃】【┃Dolby 2012/07/05(木) 12:50:35.15 ID:rb6V4mqq0

>>354

何でこんな機種出すのか意味分からん。HX750とか他のでこのランクは十分だろ?
それが原因で赤字のクセに何で自らデフレ価格帯に飛び込むの?

ソニーが今出すべきは、欠落してるフラグシップだろ!


360: 名無しさん┃】【┃Dolby 2012/07/05(木) 13:45:22.17 ID:hS7QWiio0

>>354
HX750とは3Dがないのと、リモコンが赤外線になるくらいの違いなのか?


356: 名無しさん┃】【┃Dolby 2012/07/05(木) 12:57:10.58 ID:g92L0SQK0

一番赤の多い価格帯に突撃はしないだろ


363: 名無しさん┃】【┃Dolby 2012/07/05(木) 13:56:51.02 ID:rb6V4mqq0

>>356

1台当たりの赤が大きいが、全体から見れば数がでないフラグシップ。
1台当たりの赤は小さいが、全体から見れば数がでるバリューモデル。

1台に当たりの赤は小さくても、チリも積もれば山となる。
売れば売るほど赤が出るこの価格帯で勝負するよりも、例え赤が大きくても
ブランドイメージと図りに掛けてソニーは高級機市場で勝負すべき。
ブランドイメージの低下は、引いては身を滅ぼす。

トヨタがパッソ打ってる一方でレクサス売ってるのと同じ。


357: 名無しさん┃】【┃Dolby 2012/07/05(木) 12:58:26.92 ID:HCVWcqPY0

そのとーり
あほちゃうかと・・・

チューナーなしモデルとかな。


358: 名無しさん┃】【┃Dolby 2012/07/05(木) 13:19:33.16 ID:7Rjx9iYT0


HX750の価格下落防ぐための


359: 名無しさん┃】【┃Dolby 2012/07/05(木) 13:19:55.13 ID:GiDCxOQW0

こんなもんよりも32CX400を増産しろ


364: 名無しさん┃】【┃Dolby 2012/07/05(木) 14:04:58.49 ID:hS7QWiio0

大衆に訴求する普及機が無いと、販売店に置いてもらえなくなるというのもあるんだろ
一般へのブランド力も低下していくし


365: 名無しさん┃】【┃Dolby 2012/07/05(木) 14:18:30.31 ID:rb6V4mqq0

>>364
まぁ確かにそういう意味もあるか。
でもその辺りはHX750とかで十分だと思うんだけどなぁ…。
同じバリューの中でも、ちょっと光ってる玉みたいな感じで、
バリューの中でも、ブランドのイメージ向上を目指す、みたいな姿勢が
今のソニーには欠けてると思う。
去年よりマシだが、もっとラインアップもスマートにして、厳選した方がいいと思う。
もちろんフラグシップは外さずに。

まぁこれで、残す「5」が入ってないのはHX9シリーズだけになったし、もうちょっとかな。



フルHD対応、4倍速駆動パネルを搭載。3Dに非対応とするなどで、4倍速駆動パネルを搭載した「HX750シリーズ」よりも割安な価格を実現。同社では「4倍速スタンダードモデル」と位置付けている。バックライトはエッジLED。

映像回路には「X-Reality」を搭載。4倍速パネルに「MotionFlow XR 480」を搭載。地上/BS/110度CSチューナーを2基搭載。また、USB-HDDへの録画では新たに番組表一発予約に対応。Sony Entertainment Network(SEN)にも新たに対応。

ネットワーク機能なども従来機同様多機能。無線LAN接続はオプションで対応。

解像度:フルHD エッジLED
チューナー:地上/BS/110度CS×2
端子:HDMI×4(背面2・側面2)、USB×2、D5×1、ビデオ入力×1、D-sub15ピン×1他
外形寸法:941Wx575Hx60Dmm 質量:11.2kg(スタンド含まず)
:製品データベース:SONY

★この製品を価格安値順に検索した結果・楽天★
SONY KDL-40EX750の取扱説明書を探す
ヤフオク検索結果↓

[ 2012/07/11 12:40 ] テレビ BRAVIA | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kadenmn.blog.fc2.com/tb.php/207-79954f38











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。